Four Twenty Seven Opens a Tokyo Office |フォー・トゥエンティー・セブンが東京オフィスを開設

OCTOBER 23, 2019 – BERKELEY, CA – Four Twenty Seven announces opening of Tokyo office and hires senior country representative.

Four Twenty Seven, an affiliate of Moody’s and the leading publisher of climate data for financial markets, is pleased to announce the opening of its office in Tokyo, Japan. Four Twenty Seven’s Tokyo office opens as investors and businesses in Japan and across the Asia-Pacific region face increasing market pressure to assess and disclose the risks physical climate hazards pose to their investments.

In conjunction with the opening of its office in Tokyo, Four Twenty Seven is also pleased to announce that Toshi Matsumae will serve as its Director of Japan. Toshi brings 30 years of experience leading financial services organizations in Japan. He leverages this expertise to lead Four Twenty Seven’s effort to provide climate risk screening to investors, asset managers, banks and corporations striving to understand their risk to physical climate hazards throughout Japan.

“We’ve seen growing demand from Japanese markets over the past year for transparency around exposure to physical climate risks in corporate assets, investment portfolios and in credit portfolios,” says Emilie Mazzacurati, Four Twenty Seven’s Founder and CEO.  “Four Twenty Seven’s on-the-ground presence in Japan will allow us to bring asset-level risk data to support this demand and inform global resilience-building.”

“The opening of Four Twenty Seven’s Tokyo office comes at a time when the financial sector is calling for better integration of forward-looking climate data into decision-making,” says Toshi Matsumae, Four Twenty Seven’s Director of Japan. “I look forward to working with investors and businesses throughout Asia to better understand and serve the needs of this evolving market.”

Download the Press Release.


2019年10月23日 –カルフォルニア、バークレー拠点の フォー・トゥエンティー・セブンが東京オフィスを開設

ムーディーズの関連会社で、気候変動に関するデータを金融業界に提供する業界のリーダー的存在のフォー・トゥエンティー・セブンは、この度東京オフィスの開設を発表した。これは日本及びアジア太平洋地域の投資家及び事業主が、彼らの投資物件と運用資産に対して日増しに増大する気候変動に伴う災害リスクと、それに対処するためのリスク評価及びディスクロージャーへの市場の要望に対応したものだ。

東京オフィスの開設に伴い、フォー・トゥエンティー・セブンは、この度、松前俊顕を日本事業の代表として起用することになった。松前は金融情報サービス業界での30年余りの経験を活かし、日本の投資家、資産運用会社、銀行、あるいは一般企業が今日抱える気候変動からの物理的リスクに対する科学的な理解と対応が可能となる気候リスクスクリーニングを提供していくことになる。

フォー・トゥエンティー・セブンの創業者で社長のエミリー・マザキュラティは「この一年日本の市場からは、企業資産、運用ポートフォリオ、債券ポートフォリオの気候変動の物理的リスクへの感応度に関する透明性を求める声が日増しに拡大してきた。」とコメントしている。さらに、「日本の市場でのフォー・トゥエンティー・セブンの存在で、銘柄レベルで提供される予想リスクデータにより、こうした要望に答え、他の主要地域での事例を伝えることができる。」と語っている。

さらに松前は「この度のフォー・トゥエンティー・セブンの東京オフィス開設は、まさに今日の金融業界からの要望のタイミングにマッチしている。日本及びアジア地域にて、気候変動インパクトに対するアプローチが確立されていなかった従来の状況から、気候データと科学的な対応が統合した意思決定に導かれる一助にフォー・トゥエンティー・セブンがなれることを希望する。」と付け加えている。

プレスリリースをダウンロード